たび小町produced by クラブツーリズム

たび小町 produced by クラブツーリズムたび小町 produced by クラブツーリズム

たくさん収穫してお腹いっぱい食べよう!週末は気軽に味覚狩りへ!

  • トピたび

  • 食べる

お出かけが楽しい季節になりました。お出かけでの楽しみといえば、グルメ!お店の料理を楽しむのもいいですが、自分の手で収穫した食べ物を味わってみてはいかがですか?

サクランボ狩り、ビワ狩り、メロン狩り......様々な◯◯狩りがある中で、皆さんはどんな味覚狩りを楽しんでいるのでしょうか?思い出の収穫体験を発言小町で聞いてみました!

【狩りと言えば「ブドウ」でしょ!】

「味覚狩り」という幸せなテーマで思い出に残っている場所は、山梨県南アルプスにあるぶどう園です!
山梨県はもともとブドウが有名で近くの勝沼ではワイン用のブドウを生産しており、ブドウ大国といっても過言ではありません。

イチゴのように少しずつもぎって食べるのではなく、ひと房ごそっともげる、「狩った」感がブドウ狩りのいいところかな、と思います!

近くには石和温泉もあり、自分はブドウをたらふく食べて温泉に入って気持ちよく帰れた記憶があります!

わははさん

【伊豆・下田で夏みかん狩り。友達と早食いバトルしました。】

2年前の3月頃に伊豆の下田で、夏みかん狩りをしました。

はじめは友人たちとワイワイ楽しみながら、ゆっくりと食べていたのですが、途中から、時間内でいくつ夏みかんを食べられるかという勝負に発展。他のグループが和気藹々とみかん狩りを楽しむ中、僕たちだけ無言でみかんを貪り食うという異様な状況になりました。

甘くて美味しかったのですが、男性の拳よりも大きいサイズだったので、思ったより食べ続けるのが大変でした。ある意味、記憶に残る収穫体験になりました。

Hokutoさん

皆さん、とても楽しそうな収穫体験の思い出がありますね。収穫体験の魅力は自分の手で収穫した新鮮な旬の味覚を、そのまま食べられることはもちろんですが、獲った果物、野菜を様々な料理にアレンジできることも楽しみの一つ!今回は収穫体験ができる、今が旬の味覚を厳選してお伝えします。

可愛らしい真っ赤な粒がお出迎え!初夏の味覚・サクランボ狩り

topi-tabi_article201604_img101.jpg

可憐な粒が初夏を彩るサクランボ。サクランボの産地は山形が有名ですが、都内近郊では山梨県や群馬県でも多く生産されています。初夏の山々を目で楽しみ、ジューシーなサクランボでお腹を満たす......。贅沢な1日になること間違いなしです!

topi-tabi_article201604_img102.jpg

そのまま食べても、ゼリーやケーキにしても美味しいサクランボ。女性に不足しがちな鉄分が豊富なのも嬉しいですね。

柔らかな甘みがクセになるメロンは「追熟」で美味しさアップ

topi-tabi_article201604_img103.jpg

とろける甘さのメロンは、もはやフルーツ界の王様と言ってもよいでしょう。しかしこのメロン、実はスイカと同じくウリ科の野菜なのです。

メロンの美味しい食べ方は、常温で保存し、食べる3時間ほど前に冷蔵庫で冷やすこと。常温で置いておくことによって追熟が進み、独特の甘みが増します。

topi-tabi_article201604_img104.jpg

中身をくり抜いて皮を器代わりにして、他のフルーツをあわせてフルーツポンチにすると見た目も豪華になりますね。

春の味覚!タケノコ。採れたてタケノコをお刺身で食べてみる!?

topi-tabi_article201604_img105.jpg

炊き込みご飯だけでなく煮物や炒め物など様々な料理に使えるタケノコ。お刺身で食べることができるのは、掘りたてで新鮮なタケノコを採れる収穫体験ならでは。

topi-tabi_article201604_img106.jpg

東京近くでタケノコ掘りができる場所は千葉県。タケノコだけでなく、房総半島の海鮮を満喫したり、爽やかな潮風を感じたりするのもオススメです。
房総半島の魅力については、こちらの記事もご覧ください!
「房総半島」の魅力を旅のプロが教えます!

「夏ミカン」なのに冬に収穫することも!爽やかな香りを楽しもう

topi-tabi_article201604_img107.jpg

夏ミカンは、その名の通り夏に食べごろを迎えるフルーツですが、寒い地域では冷害を防ぐために12月の終わりごろから収穫し、春先から初夏まで保存します。こうすることで、甘みが増します。

topi-tabi_article201604_img108.jpg

冬に収穫したまだ酸味の強い夏みかんはマーマレードに、暖かい季節まで待って十分に熟した夏みかんはそのまま食べたり、サラダに入れたり......と収穫時期によって色々な楽しみ方ができます。

どこに行ってどんな味を楽しむ?次の休みは味覚狩りへ行こう

新鮮な旬を味わえるのが、味覚狩りの最大の魅力。獲れたて、新鮮な味覚を頬張れば、ついつい笑みがこぼれてしまうことでしょう。

味覚狩りは、日帰りで行けるツアーもたくさん!今週末は友達や家族、恋人と一緒に様々な旬の味覚を味わってみませんか?

【募集したトピックはこちら】
シーズン到来! あなたのイチオシ収穫体験を教えてください!

日帰りで行ける食べ放題のツアーも!自然に触れながら旬のフルーツや野菜をお腹いっぱい食べるならこちら!

フルーツ狩り・野菜収穫ツアー特集

※ツアーは終了している場合があります。

facebookfacebook

twittertwitter

関連タグ

海外旅行から国内旅行・バスツアーまで、オススメツアーが満載! クラブツーリズム