たび小町produced by クラブツーリズム

たび小町 produced by クラブツーリズムたび小町 produced by クラブツーリズム

自然のパワーを受け取ろう! 富士山で見る御来光

  • 推したび

  • 見る・知る

いつかは登ってみたい日本一の富士山

太古から日本人の心の拠りどころとして存在してきた富士山ですが、2013年には世界文化遺産に登録され、日本人だけでなく、世界中の人々にも人気が高まっています。
富士登山のシーズンは7月下旬〜9月中旬で、この時期には、毎年世界中から多くの登山客が訪れ、その美しい霊峰の山頂を目指します。富士山の魅力は、なんと言っても日本一の頂に立つ達成感。山々や裾野を見下ろす絶景や一面に美しく広がる雲海など、最高峰ならではの魅力にあふれています。
山頂の浅間大社奥宮や御来光など大自然の気を感じるパワースポットとしても人気で、女性の登山客も増えています。

雲海の果てから立ち昇る荘厳な瞬間

平安時代から富士山は"神が宿る聖地"とされ、山岳信仰の中心地とされていました。時代が変わっても神秘性は薄れず、江戸時代には富士を信仰し、現地で修業を行う組織も生まれたと言われています。また、富士山から見る朝日にはご利益があるとも言われ、自然のパワーを受け取る場所として、「一年に一度は富士を登る」という登山客もいる程です。
御来光を望むにあたって一般的なのは、五合目から登り始めて途中の山小屋で仮眠をとるルートです。深夜に山小屋を出て、山頂で御来光を拝みます。深夜の暗い道での歩行に不安がある場合は七合目あたりで宿泊し、宿泊地付近で御来光を望むことをおすすめします。朝日が昇ると登山客の「バンザイ」の声がこだまします。雲海から少しずつ昇る朝日の美しさに涙する人も。苦労した分、感動もひとしおです。

pixta_29025581_M.jpg

装備はしっかり準備しよう!

富士山はあまりにも有名な山で、ニュースやテレビ番組などでも多くの登山者の姿が伝えられています。そのため「登山」というイメージより、観光地のようにとられがちです。
しかし、富士山は標高3000mを超える日本で一番高い山。厳しい自然環境や山の変わりやすい天気に備え、レインウェアなどもしっかり準備をして、御来光を迎えましょう。

ウェア

ウェアの基本は温度調節ができる重ね着です。綿やジーンズは避け、汗や雨にも乾きやすく軽い化繊素材のものがおすすめです。必ずレインウェアを常備しましょう。また、フリースなどの防寒具も必要です。

帽子・サングラス

標高の高い富士山は日差しが強いので日よけ対策を忘れずに行いましょう。中腹からは樹林も生えない過酷な自然環境の中を登ります。防寒のニット帽もあるとよいです。

バックパック

富士登山では30リットル前後のものが一般的です。登山用のものは腰で固定するベルトがついています。重すぎると体力消耗の原因となるので、必要最低限に。

登山靴

靴底が厚く、すべりにくいものを選びましょう。ケガ防止や砂が入るのを防ぐために、足首を固定するハイカットの登山靴がおすすめです。

その他

ヘッドランプや懐中電灯と予備電池、タオル、行動食、手袋(防寒用・岩場用)なども必要です。水は途中の山小屋で購入できます。

安心のツアー登山で夢を叶えよう!

初めての富士登山や、女性だけでの登山、ひとりでのチャレンジなどでは色々と不安がつきものですが、ツアー登山なら、富士山専門の登山ガイドや添乗員も同行しサポートしてくれるので、安心です。他にも、事前の説明会や準備登山ツアーなどもご用意していますので、少しでも不安を取り除いてから富士山にチャレンジすることができます。

about_course.gif

ここでは富士登山ツアーの行程を、過去の富士山お鉢めぐり・剣ヶ峰(1泊2日)のコースを参考にご紹介します。

登山開始(五合目)

こちらでバスを降りて標高に慣れるため昼食と荷支度で1時間ほど休憩します。富士山専門ガイドと合流。ストレッチをしていざ出発!

五合目~八合目(約4時間)

休憩をとりながらゆっくりペースで登ります。六合目あたりまでは、植生のある中を歩きます。六合目を過ぎると遮るものは何も無くなり、山麓の視界が開けてきます。

山小屋到着(八合目)

山小屋到着。
御来光登山の前に山小屋で夕食をとってゆっくりと体を休めましょう。

八合目~吉田口頂上(約3時間)

山頂での御来光を目指して、まだ暗い夜中に出発。
岩場や急坂もありゆっくりゆっくりと登ります。ヘッドランプを付けて真暗な登山道を進みます。

吉田口山頂到着

いよいよ吉田口山頂到着!富士登山最大のクライマックス!!
久須志神社の鳥居と狛犬が皆様をお出迎えしてくれます!ここで感動の御来光タイム。
美しい朝日を拝むことができたら感動もひとしおです。

お鉢めぐりと剣ヶ峰

富士吉田口山頂から約2時間かけて富士山火口を一周するお鉢めぐり。本当の山頂である標高3776メートルの剣ヶ峰へはお鉢めぐりで訪れることができます。

fuji3_rgb.jpg

下山(山頂〜五合目:約3時間)

登山の疲れからケガをしやすくなります。最後まで気を抜かずにゆっくりと下山します。
無事登頂された方には記念にクラブツーリズムオリジナル『登頂証明書』を進呈!
登山の思い出に好評です!

クラブツーリズムの登山ツアーでは、御来光を目指す定番コースから、3日間かけてじっくりと富士山を楽しむコース、日中のみの最短コースや女性限定コースなど、目的やレベルに合わせて豊富なバリエーションをご用意しています。またステップアップ型プログラム「富士山に登り隊®」など、プランも様々にチャレンジを応援しています。美しく特別な御来光の瞬間を拝みに今夏挑戦してみてはいかがでしょうか。

今年の夏は、御来光からのパワーをもらいに行こう!

富士登山特集

富士山に登り隊

※ツアーは終了している場合があります。

facebookfacebook

twittertwitter

関連タグ

海外旅行から国内旅行・バスツアーまで、オススメツアーが満載! クラブツーリズム