たび小町produced by クラブツーリズム

たび小町 produced by クラブツーリズムたび小町 produced by クラブツーリズム

冬の味覚の王様「越前がに」

  • 推したび

  • 食べる

冬の味覚「越前がに」の季節が今年もやってきました。「越前がに」の漁が解禁されるのは、毎年11月6日。当日は福井県内の漁港が大にぎわいとなります。漁期は翌年の3月20日までです。

ついに漁解禁! 福井県が誇る冬の味覚

TJT11-024-025-105.jpg

「越前がに」のうまさの秘密は、生息域にあります。越前海岸沿岸は急深で、カニが生息する水深250〜400mまで、一気に深くなります。そのため、漁場から港までの距離は、船で約1〜2時間と近いのが特徴です。これにより、移動の時間が短く、鮮度を保ったままカニを港へ運ぶことができるのです。ほかにも、漁場の地形が、カニにとってすみやすい段々畑状となっていること、冬の海水の冷たさなど、いくつもの条件が重なって「越前がに」は深い味わいへと育つのです。「越前がに」は、シンプルにゆであげした調理法が一番美味しいと言われています。ゆでる時間と塩加減の絶妙なバランスが「越前がに」本来の甘みを引き立ててくれます。長い足には繊細な身がぎっしりと詰まっており、噛めば噛むほど甘みが口の中に広がっていくのを楽しめるでしょう。

TT01-017-001.jpg

「越前がに」は身だけでなく、カニみそも絶品です。甲羅にたっぷりと詰まった新鮮なカニみそは、濃厚なコクが特徴。甲羅みそ焼きで深まるうまみを味わいつくしましょう。

北陸の冬の味覚を堪能

TTE11-003.jpg

せっかく冬の北陸に行くのなら、カニ以外の海の幸も楽しみましょう。例えば「富山湾鮨」。富山湾の、そのときどきの良いネタが吟味され1人前10貫で提供されます。富山湾は「海の幸の宝庫」と称されるほど、魚種が豊富です。多彩な海の幸に恵まれた富山湾ならではの、新鮮な魚介の数々をご堪能ください。

TTE11-002.jpg

若狭湾で養殖されたトラフグ「若狭ふぐ」も見逃せません。若狭湾は、日本のトラフグ養殖地の中で北限の地。冬の冷たい海で育てられるため、身が引き締まっています。プリッとした歯ごたえは、天然ものにも劣らないと評判です。この冬は、旬の海の幸を食べに出かけませんか。

冬の北陸へ極上のカニを味わいに行こう

カニカニツアー特集

冬の味覚

※ツアーは終了している場合があります。

facebookfacebook

twittertwitter

関連タグ

海外旅行から国内旅行・バスツアーまで、オススメツアーが満載! クラブツーリズム